トップメッセージ

小川 義行 グループ代表挨拶

グローバルソーシャルベンチャーカンパニー「健康的なシニアライフの創造」をテーマに東京発、全国、アジア、そして未来へ・・・

イー・ライフ・グループは1999年の創業以来「健康的なシニアライフの創造」を主眼に、介護業界にて様々な失敗、経験を経て2006年10月リハビリデイサービスnagomi 1号店を開業、そこでノウハウと実績を積み重ね2008年9月より直営都内ドミナント出店、FC全国展開を開始しました。市場の反響は大きく、わずか3年半で全国100店舗強のチェーンに成長しました。これは高齢化社会が抱える問題に1つの解答を示した、介護業界の常識を超えた非常に優れたビジネスモデルであると自負しております。

イー・ライフ・グループがnagomiを世に創出する事が出来たのは、単なるアイデア、思いつき、真似ごとではありません。私の母親の介護体験、介護予防事業フロントランナーとしての責任、そしてお客様、ケアマネジャー、スタッフ、加盟店オーナー、ビジネスパートナー、株主と創業10年強、紆余曲折を経て辿り着いた、まさに「共創の結晶」なのです。

また、ステークホルダーとの「共創」と同様、様々な試行錯誤の繰り返しで蓄積してきたノウハウの1つに「ヒト」「ハコ」「サービス」の開発を全行程自己完結するというものがあります。現在は、ステークホルダーとの「共創」×「ヒト」「ハコ」「サービス」の自己完結を組合せた独自のビジネスモデルを用いて、リハビリデイサービスnagomi 事業、バリアフリー住宅及び医療・介護施設の設計・施工事業を全国に展開、海外では、中国上海での店舗部材、家具等の生産拠点をはじめ、2011年ハードな交渉、手続きを経て独資現地法人としてマレーシア クアラルンプールにてキッズ事業を展開しております。

今後も日本をはじめアジア諸外国で現在起きている、また起りえる社会的問題を独創的かつユニークで斬新なビジネスモデルを用いて、解決する「グローバルソーシャルベンチャーカンパニー」として更なる変革と挑戦を続けて参ります。今までお付合い頂きました皆様、そしてこれから出逢う皆様、どうぞご期待して下さい。

イー・ライフ・グループ株式会社
代表取締役社長 小川義行

このページのトップへ